読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「贖罪」を読んでみた

Books
期待して読み始めたんだけど、これは残念だったな。「告白」や「少女」がわりと楽しめた作品だったから、気合い入れて読み始めたんだけど・・・。まあ、これまで読んだ湊作品とカラーは同じだが、粒が小さくなったような感じ。これまで読んだ作品だと、各登場人物達がラストあたりで重層的に繋がったりして、まぁ、現実的じゃないという声も有るけど、そこが湊作品の魅力でもあったわけで・・・。今回は、そのあたりが希薄。

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思いだせず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちにこう言った。-あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それが出来ないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

☆3個