読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「青が散る」を読んでみた

Books
青春小説の傑作との呼び声が高い本書、本屋に行ってもなかなか上下巻そろって置いてなく、ブックオフで上巻を街の本屋で下巻を買って、一気に読んでみた。

印象は、古臭い・・・。
なんなんだろうね、この印象は文体から受けるモノなんだろうか?この小説の設定時代と近い年代に学生時代を過ごした自分としては、懐かしい匂いも感じたんだけど、古臭さも感じてしまった。

青春小説なんだけど、「熱」を感じられない小説だったな。大学のテニス部を舞台に、主人公を中心にした出来事を大学入学から卒業までの四年間を描いてるんだが、淡々とし過ぎてる。
テニスというスポーツを一つの軸にしてるのに、スポーツに打ち込むある種の「熱」が描かれてないのが残念でもあり、肩すかしでもある。三浦しをんの「風が強く吹いている」のような「熱」があれば良かったんだけど・・・。

それと、入学から卒業までの四年間を上下巻二冊で描いてるんだが、山が無いんだな。いろいろと癖のある登場人物も出てくるんだが、どの人物も描き切れてない印象。描き切れてないから、イメージがボンヤリしてしまって・・・。
同じ四年間を描いたものなら伊坂幸太郎の「砂漠」の方がはるかに秀逸。
この小説の主人公、椎名燎平、読み終わっても成長したのかどうか分かりにくい。

青春小説の醍醐味って、何かに打ち込んで「熱」を発散したり、登場人物たちの成長する姿だったりと思う自分としては、いささか肩すかしの小説だったな。

☆3個。