読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「将棋の子」を読んでみた

Books

凄まじい世界である。
将棋の奨励会のことだ。将棋のことは詳しくなくても、羽生善治の名を聞いた事はあるはずだ。若くして前代未聞の七冠制覇をなしとげ、今も将棋界に君臨するトップ棋士である。
本書は羽生さんら一部の人気棋士を取り上げるのではなく、プロ棋士への道を閉ざされた若者たちにスポットを当てて書かれたノンフィクション。

プロ棋士と呼ばれるのは四段から。
それまでは奨励会に所属してリーグ戦を勝ち抜いていく。これが、とてつもなく険しい道なのだ。毎回のリーグ戦で昇級できるのはわずかに2名。これだけでも狭い門だが、26歳までに四段に昇級できないときは奨励会を退会しなければならない。
プロ棋士になれば対局料など収入の面でも保障されるが、奨励会に居たままでは何の保障ないのだ。
26歳までに四段、この高い壁に多くの若者がプロへの希望を奪われ、挫折とともに奨励会を退会していったかを、クールな筆致で追っている。

多くの若者がそうであるように、小学生や中学生で奨励会に入る。それぞれの地元では大人でも歯が立たない実力を持ち、天才と呼ばれていた彼らが、奨励会の中では「普通」の人になってしまう。この辺りの描写は、寒気を憶えるほどの冷徹さだ。背筋がゾクッとする感覚。
将棋に打ち込むため、彼らの中には高校にも行かずに、奨励会でひたすら四段を目指す者も多い。そんな彼らの夢が破れたとき、彼らにはいったい何が残るのだろうか。毎日々々、真剣に将棋だけと向き合ってきた彼らから将棋を取れば、26歳で奨励会を追われた後に残るのは社会経験の無い一人の若者という姿だけだ。
本書は、そんな彼らの「その後」を追っている。

サラリーマンを経た後、一念発起して司法書士の資格を目指す者、放浪の旅に出た者等々。
本書で中心に書かれているのは、やはり26歳で奨励会を追われた人物。40歳になった彼は今、サラ金に追われ、北海道でタコ部屋のようなところに住んでいる。たまらないよなぁ・・・。

四段の壁、なんて高い壁だろうか。
プロ棋士への道は、プロ野球選手やJリーガーになることよりも遥かに険しい道なのだ。

☆4個

背表紙~

奨励会......。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る「トラの穴」だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく暖かく見守る感動の一冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作。

中学生で四段、つまりプロ棋士になった羽生さんって、やっぱり凄い人なんだな・・・。

 

 

将棋の子 (講談社文庫) 将棋の子 (講談社文庫)