読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

荻上チキが週刊文春に書かれてるので、わしも書いてみた

時事問題

こんな事は「時事問題」のカテゴリーじゃないんだけどな、他にテキトーなカテゴリーも無いし、この記事だけのためにわざわざ作るほどのモノでもない。

荻上チキである...。

本日発売の週刊文春に出てたな。

shukan.bunshun.jp

寝る前によく聴いてるんだよね、「荻上チキ・Session-22」。

いや、荻上チキが好きってわけじゃない。

むしろ嫌い!

毎日、日替わりで訪れるゲストが興味深いし、そのゲストが語るテーマなんかが面白くて聴いてるんだけどな。もっとも、ゲストの思想信条がわしと同じわけではないし、反対方向に立ってる事の方が多いけどな。

いつも思ってたんだけど、この「荻上チキ・Session-22」......。

司会が替われば良いのになぁ、って。

 

荻上チキって、ラジオを聴いてても、話し方が胡散臭いやんか。

何が一番イヤかって、あれだろ......。

ゲストと会話してて、

自分の発言に自分で相槌打ってる!

それも、ほとんど毎日......。

他の人はどうか知らんけど、わしは、あの話し方は好かんな。

こいつ、自分に自信が無いんとちゃうか?って思ってる。

評論家って名乗ってるけど、評論になってないだろ。場を仕切ったり、話をまとめたりは上手いけど、普通に聴いてると、話が浅くてつまらん。

 

学歴ロンダリングやら上昇志向やら、いろいろ批判されてるみたいだけど、このラジオ番組のパーソナリティ、誰かと交代しないかなぁ...。

こんな程度で評論家を名乗れるって、世の中、言ったもん勝ちなのか!?