読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

参議院選挙、投票してきた...

日常

朝の4時半には起きてたから、朝イチで投票に行こうと思ってたんだが、朝メシの後でちょっと横になったら寝てしまった......。

起きたら12時半!

ヤバッ!選挙に行かなきゃ!

と思いつつも、

今行くのは暑いなぁ。夕方になって行くか......

なんて考えながら昼メシを食べてたんだが、そこへ知り合いから電話。

選挙、行ってくれた?

わし:いぁ、今、起きたから・・・。

〇〇党を頼むね!

わし:はいはい、了解~!

 

某宗教団体が支援する党への投票の依頼だ。

了解なんて答えてるけど、そこに入れるわけないだろ

信者でもないのに、頼まれたからって、そこに投票するような単細胞じゃないぞ。

選挙なんてものは、自分の思想・信条はもちろん、各候補者の掲げてる公約なんかを見て、どこに投票するか決めるもんだろ・・・。

頼まれたからからってだけで、言われた通りホイホイ投票する人が居るんかなぁ。

まぁ、選挙のたびに毎回、電話してくるから、少しは効果あるんだろうけど・・・。

この知り合い、200人に電話するそうだ。熱心なのは認めるけど、なんだかね,,,,,,、

 

この電話の後、投票所に行って来た。

f:id:dynamite05015555:20160710141344j:plain

 

夕方から行くつもりになってたんだが、あの電話のおかげで、早く行く気になった。

まぁ、ああいう投票依頼の電話も少しは効果あるんだな。