読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

この映画のせいで・・・別れた!(ブログネタ)

ブログネタ 日常 Movie

今週のお題「映画の夏」

映画の夏ね・・・。

うん、思い出の映画あるぞ・・・。

今年はどうだか知らないけど、毎年、夏になるとテレビで放映されてた映画、あるでしょ・・・。

あれですよ、あれ!

火垂るの墓・・・。

f:id:dynamite05015555:20160809184001j:plain

 いまさら説明の必要もないぐらい観られてる映画じゃないかな。

いわゆる感動アニメだ・・・。

今回は火垂るの墓の思い出だ。

 続き~

この映画は、映画館では観たことないんだよね。テレビでは何度も観てるけどね。

で、何年か前のお話だ。

当時、付き合ってた子が居たんだけどさ、毎日、その子の部屋へ入り浸ってたんだよな。仕事もその子の部屋から通勤してたし・・・。

ある夏の夜だ。ちょうど今頃の時期だな。その日も、その子の部屋でまったりしてたんだよ、二人で・・・。

その日、テレビ火垂るの墓を放映したんだよなぁ。オレは、その時まで観たことなかったんだよね。火垂るの墓だ(笑) 相方は、もう何度も観てたらしいけどね・・・。

 

相方はソファーに座って真剣に観てるんだけど、オレは床に横になって観てた。ポテトチップスを食べながら・・・。

映画が終わってコマーシャルになった時だ。

相方が、オレの方を見て言った・・・。

アキラ、泣いてないの?

 

えっ?

別に泣いてないけど・・・

 

相方の顔を見ると、涙がボロボロ流れて、目が真っ赤だ。

 

相方が言った・・・。

なんで泣かんの?

 

え?なんでって・・・

涙が出るほどのもんかぁ?

 

相方・・・

火垂るの墓」を観て泣かない人、初めて見た!(怒)

 

ぉぃぉぃ・・・

そんなに怒るほどのことかぁ?(汗)

 

相方・・・

そんな冷たい人だとは思わんかった!(怒)

 

ちょっと、待てってば!

たかが映画やんか・・・

 

相方は、オレに背中を向けて肩を震わせてた・・・。

この後も、細々した会話が続いたんだけど、なんか非難されてばっかりだったな。

オレもエエ加減に頭にきたから言ってやった。

 

お前こそ、たかが映画で泣くとか、どんだけ単細胞なんや!

何回も観た映画で、よくそんなに泣けるな!?

アホか!

 

もう、言葉の応酬・・・ある意味、修羅場(笑)

なんかね、この映画のせいで、アキラ=冷酷人間みたいなレッテルを貼られて、その日のうちに、別れ話に発展・・・。

発端は、ただの映画だよ?

ったく、恥ずかしい話だ・・・。

しばらくして友達に話したんだよね、オレらが別れた理由・・・。

大笑いされたぞ。

 

いや、わかるよ。

火垂るの墓、観てて、かわいそうって思うし、気の毒だなとは思うよ!?

けど、泣けないもんは仕方ないやんか!

あの日以来、何度もテレビで放映されてるし、そのたびに観てるけど、やっぱり泣けない・・・。

 

オレだって映画を観て泣くことあるし、むしろ泣くことの方が多いぐらいだぞ。

近いうちに、オレが好きな映画でもブログに書くかな・・・。