読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「スリープ」を読んでみた

Books
イニシエーション・ラブ」や「セカンド・ラブ」の乾くるみの作品だから、今回はどんな飛び道具が出るかと期待して読み始めた。
SF仕立てのストーリーで、展開も早い(早すぎるぐらい)。
SFであり恋愛小説であり、ちょびっとサスペンス要素もあって盛りだくさんなんだけど、早い展開のせいで消化しきれてない感じだな。
現代の科学に対する批判的な表現もあるのだが、この辺は同調できる部分だった・・・。

結末は、予想を超える衝撃とまではいかないけど、水準は保ってると思う。神の領域にまで手を伸ばそうとする科学者が嫌いな自分には、許容できるラスト。
ただ、もう少しハッピーエンドな終わり方はなかったか?

トリックというか着想は秀逸だけど、展開が早過ぎて物語に情緒的なものが足りない・・・。

☆3個