読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「模倣の殺意」を読んでみた

Books
埋もれた名作「模倣の殺意」を読んでみた。
なるほど、展開も早くて読みやすい文章。物語は、編集者の中田とルポライター津久見の二人の視点から交互に語られていくのだが・・・。
読み進むうちに違和感が・・・。

まさか、二人が追っていたのが別の事件で、坂井正夫という同姓同名の人物が居たとは・・。

40年以上前に書かれた作品なので、当時としてはかなり衝撃的だったのではないかと思うが、今、読んでみると、いささか古臭い印象も否めない。よって☆4個だけど、トリックの斬新さは現在でも通用するレベル。

叙述トリックの名作ということはまちがいない。