読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「黄色い目の魚」を読んでみた

Books
佐藤多佳子の青春小説「一瞬の風になれ」を動の小説とすると、こちらは静の小説。
凄く盛り上がる訳じゃないけど、高校生の心理が上手く描かれていて懐かしい気持ちになった。
木島が普通の高校生っぽくて良い。

「一瞬の風になれ」は登場人物がみんな優等生だけど、この小説は家族も含めて優等生じゃない。
その辺は好みの分かれるところかな。

はじけるような感動はないが、暖かくなる作品。