読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「風に舞いあがるビニールシート」を読んでみた

Books
6編からなる短編集。

「ダイヴ!」のイメージが強かっただけに、この作者がこんな小説を書くのかと、ちょびっと驚き。
それぞれの短編もそこそこ読ませる内容。

好みとしては、大人の友情?を扱った「ジェネレーションX」が良かった。爽やかな読後感で、まだ森絵都を知らない人にも推薦したい。

表題作の「風に舞い上がるビニールシート」は、主人公の心情に共感できなかった。