読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「サクリファイス」を読んでみた

Books

日本では馴染みの薄いロードレースを題材にした小説で、大藪春彦賞受賞作。

文庫本300ページ弱なんだが、もっと細かく書き込んでも良いと思った。
心理描写が希薄で、せっかくの題材がもったいない。この小説には不要と思われる女性が登場するのも減点。読んでて不愉快になるだけで、青春小説の趣のある内容に合わない。

ラストでの真相は、爽やかさを感じさせるものだけに、余計な贅肉が付いているようで、不要な人物はいただけない。

文庫本上下巻ぐらいの内容にして、もっと人物の心理やロードレースについて深く描かれれば、読みごたえのあるものになったと思う。

一気読みしたが、物語に引き込まれての一気読みじゃなく、文章が軽くて一気に読めた印象。