読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「永遠の0」を読んでみた

Books

いろいろ問題発言も多い百田氏の作品。

映画化される前に読んでいたのだが、かなりの話題作。

だけど、そんなに騒ぐほどのモノかぁ?ってのが率直な感想だな。

これまで戦争モノや特攻隊モノをいろいろと読んでるけど、その中でも出来としては下位の位置付けだけどな。

 

この本の内容・・・半分以上が他の戦記モノを資料としての記述。
たくさんの資料等を整理して記述する整理力は認めるけど、それだけだ。

作者の思想的なものを押し付けられてるような記述も多く、読んでいて嫌悪感。百田氏の思想については大いに賛同するけど、その思想をこういう小説の中でくどくど述べられると辟易する。

 

自分も別に戦争を知ってるわけじゃないけど、作られた話題・ブームによってこの本を読み、「戦争ってこんなんだったんだ!」って思う若者が増えなきゃ良いんだけど。

 

 

あの当時の戦争を知っている人達がこの本を読めば、どんな感想を持つのだろうか?
多分、良い気持ちは持たないんじゃないだろうか?
だって、内容がペラペラで薄い。

他の戦争モノをいろいろ読んだ自分からすれば、この作者の記述は、立ち位置が偏り過ぎている。