読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「夜のピクニック」を読んでみた

Books

恩田さんの作品で初めて読んだのが、本書「夜のピクニック」。
一読でファンになって以来、いろいろ読んでるんだけど、本書は自分の中では「ネバーランド」と肩を並べるお気に入り。

北高の伝統行事「歩行際」。全校生徒が朝8時から夜を徹して80kmをあるくというもの。誰よりも早くゴールしたい子、部活などの親友同士で将来のことなどを話しながら歩く子、好きな子と一緒に歩きたい子......、様々な高校生が描かれているんだが、ここで主役を務めるのは男子と女子の二人の高校生。この二人には他人には言えない「秘密」が。
この秘密ってのが重い!自分だと耐え切れないんじゃないかと思う。
女子生徒は、ある決意を持って「歩行際」に参加しているんだけど、いじらしいんだよなぁ。読んでいて胸がギューッと締め付けられるんだな。涙がドバドバ出るような描写じゃないんだけど、応援したくなるんだな。
男子生徒の方も心情がわかるだけに、「うわ~っ、これからどうすんの?」って読みながらヤキモキしてしまった。

まわりの友達も良い子ばかりで、こういう高校生活を送っている作中の登場人物たちに少々、嫉妬したな。自分の高校時代は、もっとギスギスしてたからなぁ......。

間違いなく青春小説の名作だと思う。熱があるんだよね。
駅伝に打ち込む「風が強く吹いている」のような小説を「外に向けた」熱だとすると、本書は「内に秘めた」熱とでもいうか、その熱量はそうとうなものだ。やっぱ、青春小説は「熱」がないとな。
「歩行際」というわずか24時間の出来事を、こんなに密度の濃い物語に仕上げた恩田さん、恐るべし!
推理小説やサスペンスみたいに、大きな山場があるわけでもないのに、徹夜して読んでしまった。

うちの高校にも「歩行際」があったらなぁ......、なんて思った。

「BOOK」データベース~
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

ただ、作中の高校生たちが優等生すぎるかな。
すごく魅力的に描かれてるんだけど、優等生すぎて、面白味に欠けるかも。
映画化もされてるので、読後、レンタル屋さんで借りて来て観賞。けっこう原作に忠実に映画化してたな。けど、キャッティングがミスじゃない?どう観ても高校生に見えなかったけどな....。