読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「写楽 閉じた国の幻」を読んでみた

Books

作者・島田荘司が構想20年のもと、週刊新潮に連載したものが本書。

いやぁ、長かったな・・・。


江戸期に10ヶ月だけ活躍した謎の浮世絵師・東洲斎写楽の謎に迫ったものであるが、「写楽別人説」の新機軸を打ち出している。
で、本書が傑作かというと・・・。


これは大作だが傑作じゃないな。

本書に出てくる数々の資料・・・これが本物ならば、なるほど作者の言う「写楽別人説」は斯界の度肝を抜く新説なんだろうが、その説云々の前に構成やら文章がダメだ。


現代編と江戸編が交互に書かれてるんだが、特に江戸編のⅠとⅡ・・・これは必要なのか?
江戸編の会話などを読んでいると、下手な落語を読まされてるようで嫌悪感を感じた。
当時の江戸の人々がどのような話し方をしていたかなど知る由もないが、少なくとも本書で書かれているような話し方ではないように思う。まるで出来損ないの落語家の話を聞いてるような感じだ。


冒頭で主人公の一人息子が事故死するのだが、この子供の死の必然性は?


江戸参府の帰路、オランダ商館長が客死するが、北斎との関係や直前に何枚も破っていたという紙の謎は?等々・・・。


説明されてない余分な箇所が多々ある。

週刊誌に連載という形だったためか、繰り返しや説明に割いた頁も多く、読みきるのに労力を要した。

あとがきによると、作者は続編も考えているようだが、もう続編は読まないな。




写楽 閉じた国の幻
島田 荘司
新潮社
2010-06