読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「終末のフール」を読んでみた

Books
これは、微妙だなぁ。


3年後に小惑星が地球に衝突する。その時、人々は・・・、って話なんだが。


もっと、こう・・・なんて言うかサスペンスとかハードボイルド的な物語かと思ったら、全然、方向性が違った。


仙台のあるマンションに暮らす人たちの、終末をまで3年の時点の物語で、全体は短編集。
一つ一つの物語は、短編として独立しているが、登場人物は、同じマンションの住人ということもあって、第一章の主人公が、その後の章で出てきたり・・・。
これは、道尾秀介の「光媒の花」と同じような形式。

3年後に小惑星が地球に衝突して、確実に終末を迎えるという状況での人々の生活ぶりを描いているんだが、非常に暖かな描写で、小惑星の存在すら忘れてしまいそうになる。

凝った謎解きも、複雑な人間関係も出てこない短編集だが、サラッと読むには良いかも。