読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

BOOK OFF・・・考察(笑)

日常
本を買うときにどこで買うか・・・。
わしの場合、新刊書店とブックオフの割合は、およそ5:5だな。

だって安いんだからな。
文庫だと1冊、税込み108円とかだぞ。
同じ本が新刊書店だと600円とか700円だ。分厚い文庫だと1,000円越える(ーー;)
読んでみるまで面白いかどうかも分からない本に、1,000円前後も出すほど大胆じゃない。

もちろん、いろんな書評サイトなんかはチェックしてるから、「感動する小説」やら「名作推理小説」なんてのは頭に入ってるけど、それは他人が感動したり名作と思ってるんであって、それを読んでないわしにとっては、感動できるのか、名作推理と思えるのかは未知数だからな。
よくあるんだよな、書評で高評価なんだけど、わしには合わんって本・・・。
最近だと「永遠の0」とかな。ったく、アレのどこが良いんだか、さっぱり分からんかった(笑)

じゃ、どんな本を新刊書店で買うのかというと・・・

・よほど話題になってる新刊(新しい本はブックオフに置いてないことが多い)
・追いかけてる好きな作家を読むとき
積読がなくなって、たまたま本屋の近くを通ったとき、etc

あと、あれだ・・・。
めったに無いことなんだが・・・
ブックオフで買ってきた本にめちゃくちゃ感動して、永久保存版として新品を欲しいときだ。
たとえば「風が強く吹いている」とか「葉桜の季節に君を想うということ」なんかは、新刊書店で新品を買ってきたな。

で、昨日の話・・・。
読む本もなくなったし、歩いてブックオフまで行ってきた。なしにろ徒歩5分の場所にブックオフがあるから、かなり便利である。
書評サイトでなかなか評価の高い本を見つけたので買ってきた。

IMG_20150820_125631~01~01


こういう読書生活をしてると、本が溜まるんだよな。
永久保存版として手元に残しておきたい本は別として、わしの感覚で平均以下の本は処置に困る。
それで、2年に1回程度、ブックオフに売りに行くわけだ。
本を売るならBOOK OFF~、って宣伝もやってるし・・・。
ダンボール箱に詰め込んで、徒歩5分の距離を車で運ぶわけだ。

問題は、ここからで・・・
持って行った本のうち半分は、買い取り不可!
店員が言うわけだ・・・

お客様、申し訳ありませんが、こちらの本は買い取りができませんm(__)m

それも、ブックオフで買った本に限って買い取り不可・・・。
カバー裏の値札もきれいに剥がしてるし、1回読んだだけだぞ!
ブックオフで買ってきた状態と全然変わらんじゃないか!
なんで、ブックオフで買ってきた本だけ買い取り不可になるんだ!?

もしかして、何か区別するような目印とかあるのか!?

仕方なく持ち帰るんだけど・・・。

ブックオフで本を買うと、決まって言われることがある。
まるでファーストフードのマニュアルみたいに・・・

ご不要の本がございましたら、買い取らせていただきます♪

買い取らないくせに言うな!!(笑)