読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「11枚のとらんぷ」を読んでみた

Books

いろんな書評で名作の呼び声が高い本書だが、遅ればせながら読んでみた。

なるぼど、なかなかの構成でそれぞれの人物造形もしっかりしている。
ただ、後半の奇術についての描写は少しクドイかも・・・。トリックものけぞるようなモノではないものの、ラストまで一気に読ませる力は、さすがに名作と呼ばれるだけの手応えである。

昭和60年代に発表された本書だが、今の時代に読むと、いささか古くさい感じを受けるのも仕方ないか。
正統派の推理小説を好む人にはオススメしたい一冊ではあるな。

☆4個

11枚のとらんぷ [ 泡坂妻夫 ]

価格:864円
(2015/8/28 19:03時点)
感想(4件)