読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「ロートレック荘事件」を読んでみた

Books

某サイトで名作と評価されていたので、図書館で借りてきて読了。

これは、自分にはまったく合わない。

そもそも会話文が、誰の発言か分かりにくい。
明らかに叙述トリックが仕掛けられているのが感じられる文章。
トリックも現代の感覚からすれば、おざなりな感が否めない。

叙述トリックとしても、ラストの衝撃度は我孫子武丸の「殺戮にいたる病」に遠く及ばない。

本のカバーに、「この作品は二度楽しめます」と書かれているが、いちいち会話の主を確認するために読み返すほどの内容ではない。

☆2個

ロートレック荘事件改版 [ 筒井康隆 ]

価格:594円
(2015/8/28 19:17時点)
感想(9件)