読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

出かけるつもりが・・・

日常

車の運転はあまり好きじゃない。
三重県なんてマナー悪いし、普通に走ってても後ろから煽られたり・・・(-_-#)
そんな時、真剣に思う、「死ね!」って・・・。

まぁ、そんな事ばかり言ってても、必要なときには運転するわけで・・・。
今日も出かけるために駐車場へ。
小雨が降ってるし早く車に乗らなきゃ!と思いつつ、ドアに手をかけた。

ふと、何かが目に留まった。
ミラーの所に何か付いてる・・・。

ゴミかな?(・・?

顔を近づけて確認してみようとして・・・・

(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!

悲鳴と共にしりもちついた・・・。

ミラーの所に居たのは、ゴミじゃなくてカエル(T_T)

f:id:dynamite05015555:20160929193013j:plain


もう、アカン(T_T)
絶対に車に乗れんわ・・・(T^T)

大きさは小指の先ぐらいだろうけど・・・ダメなものはダメ!

何が苦手って、カエルだのヘビだのトカゲだの・・・見るだけでも無理!!
触るなんてもってのほか・・・。

出かけなきゃいけないのに、これじゃ車に乗れん(T_T)
チャッチャと乗ってしまえば良さそうなもんだけど、こういう時って、よけいな不安が頭をよぎるもんで・・・

もしかしたら、車の中に居るかも!?

そんな事ある訳ないんだが、考え出すとキリがない・・・。

結論・・・

今日のお出かけは中止!

問題は、あのカエルの始末をどうするかだ・・・。
あのまま、ず~っと、あそこにへばり付かれてたんじゃ、どこにも行けない・・・。
思案の末、友人に電話・・・。

わし:おぅ、元気か?わしやけどさ・・・

友人:よう!元気やで!こんな昼間にどないしたん?

わし:ちと頼みがあるねん

友人:何?なんの頼みやねん?

わし:車にカエルがくっ付いてるんやけど、それ、取ってくれ(T^T)

友人:・・・・・・


まぁ、平日の昼間に、わざわざカエル捕獲に来てくれるほど暇じゃないそうで、見事に断られた・・・。

う~ん・・・

便利屋にでも電話して頼もうかな・・・。