読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「どんどん橋、落ちた」を読んでみた

Books

綾辻行人の五編から成る短編集。
叙述トリックを駆使していて、作者の腕の冴えが光る短編集だと思う。

五編のうち四篇には「読者への挑戦」「解答」が記されている。自分はまったく解らなかった。
予備知識なしで読むと、よほどのミステリーマニアじゃないと、正解は出ないんじゃないかと思う。特に第一話と第二話は、叙述トリックと解ってても、正解を出すのは難しいような気がする・・・。

どんどん橋、落ちた
なるほどねぇ、と唸った表題作。文章のいたるところに叙述トリックを使った記述。解答編の中で、「本格ミステリの原点云々~」の台詞があるんだが、犯人が解った後では、たしかに原点だな・・・と納得。

ぼうぼう森、燃えた
こちらは、第一話と対をなす作品と言えるかな。自分的には、第一話よりもこちらの方が好み。意外な犯人という観点では、この作品が一番意外だった。

フェラーリは見ていた
冷静に読めば、怪しい記述もたくさんあったのに、素通りしてしまってた。叙述トリックの掌編と言える内容だと思うけど、結末が好みじゃなかったな。

伊園家の崩壊
日本で一番有名な家族かもしれない「伊園家」を舞台にした作品。伊園家の民平、常、笹枝、和夫に若菜・・・こう書くと、誰でもモデルの家族が思い浮かぶはず。かなりブラックな内容で、「こんな内容で書いて大丈夫?」と思うような展開。細かく構築されている作品だけど、ちょっと自分には合わなかった。

意外な犯人
これも上手い作品。実際にテレビドラマ化もされたらしいけど、ドラマで見る方が小説よりもドンデン返し感がありそう。

どなたかもレビューで書いてたけれど、ある程度古典ミステリーの作者や綾辻さんの以前の作品を読んだ後のほうが楽しめるんじゃないかな。

背表紙~
ミステリ作家・綾辻行人に持ち込まれる一筋縄では解けない難事件の数々。崩落した「どんどん橋」の向こう側で、殺しはいかにして行われたのか?表題作「どんどん橋、落ちた」や明るく平和なはずの(あの一家)に不幸が訪れ、悲劇的な結末に言葉を失う「伊園家の崩壊」など、五つの超難問「犯人当て」作品集。

☆3個


どんどん橋、落ちた [ 綾辻行人 ]

価格:691円
(2015/9/15 06:47時点)
感想(7件)