読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「64(ロクヨン)」を読んでみた

Books

骨太の重厚長大な警察小説。
原稿用紙1400枚超えの本書を一晩で読破。
横山秀夫のの作品は短編も含めていろいろ読んでるけれども、骨太感は随一じゃないかと思う。警察小説を書かせたら当代一の横山秀夫だけあって、徹夜してでも読ませる筆力はさすが!の一言。

警察内の一人の広報官を軸に、キャリアvsノンキャリア、刑事部vs警務部、広報室vs記者クラブの対立、広報官の家庭の事情、14年前の誘拐殺人事件を重層的に描きながら、新たに誘拐事件が発生し・・・。
これだけの材料を詰め込まれたら、そりゃ骨太にも重厚長大にもなるのは納得。それでも飽きさせない展開は見事。実際、寝よう寝ようと思いながらページをめくる手を止められず、結局、徹夜して読了させられてしまった。

これだけの長編になるといろんな登場人物も出てくるし(いけ好かない人間の方が多い)、主人公の広報官にしてもウジウジと悩んだりする場面もあって、心の中で「しっかりしろ!」と応援しながら読んだりもしたんだが、それだけに人間臭く描かれているわけで、その分、物語にリアリティが感じられる要素ともなっている。
仕事に対する熱というか矜持、そういうものを持った人間も描かれていて、バランスも良い。

後半1/4あたりで新たに発生する誘拐事件。もう、ここからは寝ることを諦めた。
展開が気になってとても眠れなかった。思わぬ形で事件が進行して14年前の誘拐殺人事件と繋がって・・・。序盤・中盤の伏線も「あ~、ここに繋がるのか!」という次第。読んでいる時は伏線だとは気づかないけど、ラスト近くでのある種の爽快感。

☆5個でも良いと思ったけど、「未来に含みを持たせたラスト」が好みじゃないんだよなぁ。ここまで重厚長大なら犯人の「完全自白」まで描いて欲しい、ってのは個人の好みだけど・・・。


あえての☆4個

骨太の小説を小説をよみたい人にはオススメできる一冊。久々に徹夜本を読んで満足できた。


64 [ 横山秀夫 ]

価格:2,052円
(2015/10/2 08:33時点)
感想(21件)


64(上) [ 横山秀夫 ]

価格:691円
(2015/10/2 08:34時点)
感想(24件)


64(下) [ 横山秀夫 ]

価格:691円
(2015/10/2 08:34時点)
感想(23件)