読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「帝王、死すべし」を読んでみた

Books

読み始めは、様々な視点から物語が語られており、若干、読みにくいなぁと感じた。
父親の視点、子供の視点、編集者の視点・・・これがどうやって繋がるんだ?と思いつつ読み進めた。
が、さすが折原作品、序盤を過ぎると物語に引き込まれる。

プロローグからの伏線もきれいに回収されていて、読み終わって感じるのは、「上手いなぁ」って事。
中学校でのイジメの問題を書いてるハズなのに、学校でのイジメの場面が希薄(ほとんど描かれていない)など、読んでいて違和感を感じさせる進行。このへんは叙述トリックを得意とする折原一、ラストが気になってサクサク読み進めた。

ただ、終盤が好みじゃないんだよな。ラストの一行、最後の1~2ページで世界がひっくり返るような展開が好みなんだが、この作品はジワ~ッと反転するような感じだ(父親と編集者の関係など)。後半になって登場する「ある人物」についても行動が唐突な気がして少し興ざめ感。

「━者」シリーズのように実際に起こった事件を題材に取り入れているが、「━者」シリーズのようなドロッとした感じは受けなかった。

☆4個

もちろん一定の水準は充分クリアしているし、「おぉっ!?」と言うようなサプライズも用意されていて楽しめる作品なのは間違いない。

背表紙~
息子輝久の日記を盗み見た野原実は衝撃を受けた。『てるくはのる』日記には赤裸々ないじめの告白があった。服の下の無数のミミズ腫れ。中心にいるらしい「帝王」とは誰か?夜の公園で繰り返される襲撃事件。息子は学校を大混乱させることを考えているらしい。叙述トリックの名手が用意した驚倒の結末とは!?

うん、たしかに読んでいて一番の謎は「帝王」ってのは誰なんだ?って事。無数のミミズ腫れがあるのにイジメの場面が希薄。大混乱の結末はどうなるんだ?等々、おもしろく読めた一冊。


帝王、死すべし [ 折原一 ]

価格:810円
(2015/10/4 05:09時点)
感想(1件)