読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「完全なる首長竜の日」を読んでみた

Books

これは、まったく肌に合わない話だったな。
胡蝶の夢だかなんだか知らないけど、自分的にはフェアじゃないと思うけどな。

以下ネタバレ有り!

読み進めている間、実はそれが夢の中の話だったり・・・。半分を過ぎたあたりで、けっこう苦痛だったけどなぁ。よっぽど投げ出そうかと思った。読んでいても、それが現実の話なのか夢の中の話なのか解らないんじゃ、自分の読解力では落ち着いて物語に入り込めない。
もっとも、最終的には、全部が夢の中の話でした!ってオチなんだけど・・・。
こんなの、自分の感覚だと反則ギリギリ、と言うか、反則なんだよな。

文章もリズム感が無いというか・・・。
現実か夢の話か解らない内容を、リズム感の無い文章で読むのは苦痛だった。

そもそも「SCインターフェース」って何だよ?(笑)
中途半端にSF的な要素を入れるもんだから、よけいにつまらなく感じた。SF的要素をいれるなら、もっと丁寧に説明しないと・・・。

☆1個

背表紙~

第9回「このミス」大賞受賞作品。植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具「SCインターフェース」が開発された。少女漫画家の淳美は、自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり━。衝撃の結末と静謐な余韻が胸を打つ。

う~ん、この背表紙の説明、正確じゃないよな。
まぁ、この作者、もう読むことはないだろうから、どうでもいいけど・・・。



完全なる首長竜の日

価格:1,512円
(2016/5/21 01:39時点)
感想(0件)