読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「ふたつ返事」と「二度返事」の違い。癖なら治した方が良いだろ、って話。

日常

先月から気にはしてたんだけど・・・

そろそろ20万?

って事で、ちょうど良い数字でピッタリのスクリーンショットを撮ろうと思ってたんですけどね、忘れてたわ(涙)

f:id:dynamite05015555:20170307204236j:plain

はてなに来て8ヶ月かぁ・・・。

こんな雑記のブログ(しかも週イチで変態記事w)に20万とか、感謝しております。

 

さて、言葉はコミュニケーション基本だと思ってるからな。

言葉が上手く使えないと、余計な波風が立つし、相手に不快感を与える事にもなるだろ。今日は、ちょっと言葉について書いてみようか。

う~ん、でもなぁ、言われそうだなw

今日の記事なんかは、特にそんな気がする。

あ~、また昭和生まれのオッサンの能書きが始まった

とか

オッサンは黙ってろ

とかな・・・。

まぁ、そういう事を言うのは、向上心のない連中だと決めつけてるんだけどww

若いって言われる世代だって、いつかはオッサンオバサンになる。そういう人間が、どういうオッサン、オバサンになるのか見物ではあるけど。

 

今回、ちと気になったのは、「ふたつ返事」「二度返事」のことだ。

f:id:dynamite05015555:20170306154703j:plain

似たような言葉だけど、意味は全然違うからね。

まずは「ふたつ返事」だ。

これは肯定的に使われる。人に何かをお願い・指示した時に、迷いや躊躇いもなく快く引き受けてくれる事だな。

ぉ~ぃ、〇〇君、△△を明日までにまとめてくれる?

はい、かしこまりました!

 

なぁなぁ、明後日、飲みに行こうか?

良いですね~!ぜひ行きましょう~!

 

こういうのが「ふたつ返事」って言うことだな。

この「二つ返事」って言葉の使い方だけど、第三者に説明する時に使われる。

第三者に話すときに、

△△を明日までにまとめるように、□□に頼んだら、「ふたつ返事」OKもらった

とか

明後日の飲み会、〇〇君は、「ふたつ返事」で参加だって!

なんて、説明で使う。

「ふたつ返事」快諾、快く承諾って事だ。

これは当事者同士では使わないぞ。

はい、「ふたつ返事」でかしこまりました。

なんて言い方をしないだろ。

それと、「ふたつ返事」肯定の意味で使われることが多い。

「ふたつ返事」で断られた、って言い方をしないからな。

 

で、今日の話の本題は、ここからだ。

「二度返事」・・・。

これをされると、神経に触る・・・。

 続き~

 

あくまで昭和世代一般のビジネスマナーで言うんだけどな。

あれだぞ、ビジネスマナーなんて、名刺の受け渡し方法とかエレベーターでの立ち位置とか部屋に通された時の席順だけじゃない。

いくら上辺だけ取り繕っても、「二度返事」をされたら、それこそ化けの皮が剥がれる

f:id:dynamite05015555:20170306161320j:plain

「二度返事」ってのは、居るでしょ・・・

「はい、はい」

って二回返事をする人。

バイト連中と話してても、たまに「はい、はい」って言うのが居る。

取引先の担当でも、「はい、はい」って言うのが居る。

これは、普通にビジネスを行う上で、とても無作法失礼だ。

相手を見くびっている、馬鹿にしていると言われても仕方ない。

こういう返事をされると、

「はいはい、分かったから何度も言うなよ!」

ってニュアンスが透けて見える。やる気も感じられない。

ビジネスマナー以前の問題だ。

しつけの問題!

なんて思ってるのはオレだけかと思ってたんだけど、同じような意見の人も居ましたw

 

さすがにビジネスの世界では居ないけど、友達の中には、こういうのも居たぞ。

「わかった、わかった」

「ごめん、ごめん」

こういうのは、本当には「わかってない」し、「申し訳ないとも思ってない」

そういう人間とは距離を置くけどな。

子供の頃は、親とか親戚のオジサン、オバサンに言われたもんだけどな。

返事は一回で、大きな声でハッキリと!

「はい、はい」なんて答えるのは、癖もあるだろうし、精神的なものも影響してるのかもしれないけど・・・

癖なら直せ!

自分で意識してないと、治るもんも治らんだろ。

大人になって恥をかくだけだ。

 

アキラ~、洗濯物、入れてきて~

なんて母親に頼まれた時、

はい、はい

なんて答えようもんなら、顔が腫れるぐらい殴られたもんだw

 

って話を、この前の保護者会で話したんだけどな・・・。

う~ん、反応がイマイチww

伝わったのか伝わってないのか、よく分からん反応だった。

そうそう、すごい母親が居た。

じゃぁ、そういう言葉の教育も、こちらの塾でしっかりやってください・・・

 

アホか!

うちが請け負ってるのは学力の向上、志望校への合格だ。

しつけまで面倒みれるか!

顔にベタベタ化粧を塗りたくって、派手な服(場末のスナックのチーママ風)をする前に、自分の子供のしつけをしろってのw

 

いつものバイト君の誤字・脱字チェックだ。

 

バイト君:その母親って、〇〇の親でしょ?

 

おっ!?

なんで分かったんだ?

 

バイト君:子は親の鏡って言いますからね~

あの子を見てれば、およそ分かりますww

 

子は親の鏡・・・

ふむ、子を見れば親がわかるのか・・・

 

バイト君:昔からよく言うでしょ

 

オレに子供が居なくて良かったわ

鏡なら・・・

オレの子供は・・・

不幸だからな!(涙)

 

バイト君:また、イジけたんですか

 


次回の予定~

3月9日は高校入試の日。

それと、記念切手記念日。ふるさと切手の話。