読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

入院したときの話・・・〇〇の毛を剃られた!

自分のこと 日常

昔のことを思い出したので、書いてみようかな。

今回は、多少の下ネタを含む記事です!

いつものように、そういうのは苦手、嫌い、見たくない・・・って人は、このまま素通りしてくださいね。

ちゃんと言ったからね!

この前も居たんだよね、ちゃんと前もって予告してるのに、読んだ後で、気分悪くなった吐き気がしてきた、ってコメント欄に書く人・・・。

そんな事を言われても、オレ、知らんし。

前もって言ってるのに・・・。

 

じゃぁ、思い出しながら書いてみるぞ・・・。

あれは、リーマン時代の最後の年だったな。30歳手前ぐらいだったな。当時は名古屋で勤務してたんだけど、2、3日、下腹が痛い日が続いてたんだよなぁ。

なんか腹が痛いなぁ・・・

って思いつつも、仕事は忙しいし、毎日、深夜まで働いてた。

お腹が痛いから食欲もないし、家に帰っても寝るだけ・・・。

で、とうとう4日目に限界が来た。

帰宅後、どうにも我慢できないほどの腹痛。脂汗は出てくるし、身動き出来ないほどの強烈な痛みだ。

同居人に言った。

あ、この同居人ってのは、今の同居人とは別人ね。

まったくの別人だ。

 

腹が痛くて、我慢できん;;

救急車、呼んでくれ!

 

同居人:何、食ったん?

 

何も食ってないけど、腹が痛い;;

 

同居人:なんか腐ったもんでも食ったんやろ。

明日も仕事やろ!

正露丸を飲んで寝たら治るわ!

 

いぁ、正露丸とか、3日前から飲んでるけど・・・。

同居人は、オレの痛みを大げさだと笑うし、救急車を呼んでくれそうもない・・・。

自分で救急車を呼んだぞ(涙)

f:id:dynamite05015555:20161024200921j:plain

 

で、連れて行かれたのが某総合病院・・・。

深夜の1時だった。

 

 続き~

 

ああいう病院って、夜中に当直してるのは、大学を出たての研修医なんかが多いんだよね。医師免許は持ってるけど、ほとんど経験が浅い先生が多い・・・。

この日、診察台に寝かされたオレを診察したのは、20代後半と思しき女の先生だ。

女医!

まぁ、普段なら興奮する場面なんだけど、いかんせん大腹痛(T^T)

歩けないぐらい、お腹が痛いことを女医先生に訴えた。

じゃぁ、ちょっと脈をみますね・・・

 

(脈!?)

(いぁ、オレ、お腹が痛いんだってば!)

(早く治してくれ!)

 

脈の後は、シャツを捲り上げての触診。

お腹を押さえられる。

特に異常はなさそう・・・。

 

じゃぁ、ズボンとパンツを下ろして、横向きに寝てください。

 

指示に従ってズボンとパンツを下ろして横向きになったぞ。

相手は若い女医(多分、歳もそんなに違わない)、ちょっと恥ずかしい気もするし、目をつぶって横になってたんだけど・・・。

 

あんっ!

 

思わず声が出てしまった・・・。

だって・・・

いきなり予告もなく女医先生の指が・・・

オレのお尻の〇〇の中へ・・・。

しかも、グリグリ動かしてる・・・・。

いぁ、そういうプレイ、嫌いじゃないけど・・・

まだ、心の準備が・・・(T^T)

そういう事をするなら、先に言ってくれないと。

30秒ぐらいかなぁ、グリグリされた後で、女医先生・・・

ちょっと、原因が分からないですねぇ

 

・・・・・・

 

朝になったら検査しましょうね

 

お尻も犯されたのに、腹痛の原因も分からず、朝までベッドで待機することに・・・。

で、やっと朝が来た。

いろんな科をたらい回しにされたな。レントゲンやらエコー検査やら。

診断結果は、盲腸・・・。

即日、手術。

 

同居人やら会社やらに電話。

着替えなんかを持って、同居人が来た。

手術まで病室に居るように言われて、入院する部屋へ移動。

仕事も休めるし良かったかも・・・

なんて考えてると、深夜にオレを診てくれた女医先生若い男の先生(櫻井 翔に似てた)と看護師さんが2人、病室に入ってきた。

(この女医先生、帰らないの?)

(アンタ、働きすぎ!)

 

櫻井クン:じゃぁ、手術の前に、下の毛を処理しときます

 

(えっ!)

(今?ここで?)

 

櫻井クン:パジャマとパンツ、下ろしてください。

 

いや、人が多すぎだろ!

あ、あ、あの・・・

じ・・・自分で剃りますよ!

 

櫻井クン:いえ、正確な処理が必要ですから!

 

仕方なくズボンもパンツも脱いだ。

せめて顔ぐらい隠してほしいけど・・・。

 

暖かいタオルが例の部分に・・・。

櫻井クンが、丁寧に拭いてくれる。

ちょ!

丁寧すぎるだろ!

むちゃくちゃ丁寧な手つき・・・。

髭剃り用のシェービングクリームを塗られて、女医先生がカミソリを持った。

T字型のよくあるタイプ・・・。

例の部分を持ってる、というか支えてるのが櫻井クン

剃るのは女医先生だ。

看護師は見てるだけかよ・・・。

 

ジョリジョリと剃り始めたんだけど・・・

 

(ちょ、その持ち方、ヤバいだろ!)

(こら、手を動かすな!)

(反応してまうやんか・・・)

 

剃りやすいようにだろうけど、櫻井クン・・・好きなように弄んでくれる。

f:id:dynamite05015555:20161024211552j:plain

 

エネルギー充填 120%!

 

もうね・・・

 

f:id:dynamite05015555:20161024211705j:plain

 

で、手術をしたんだけど・・・

手術は、当然、別な先生の執刀だったけど、あの女医さん櫻井クンも手術室に・・・。

盲腸なんて全身麻酔じゃないでしょ。

会話が丸聞こえなんだよね・・・。

ちっ、脂肪が多いなぁ

見えにくいぞ!脂肪が邪魔だ!

なんて、舌打ちまで聞こえてきたぞ。

f:id:dynamite05015555:20161024231526j:plain

 

この病院にはちょうど2週間、入院したな。

盲腸にしては長いんだけど、傷口の調子が悪かったのだ。

まぁ、保険会社に勤めてたんだから、自分の保険は嫌というほど加入してるし、働いてるよりも保険金をもらう方が財布に優しいし・・・。

それに、楽しみがあったんだよなぁ。

この病院、毎朝、身体を拭いてくれるんだよね。

全身だよ!?

2週間の間、点滴に繋がれてたから風呂も入れないし・・・。

 

この朝の身体を拭く時間・・・至福のひととき(笑)

普通は、看護師の仕事だと思うんだけど、なんでか知らんけど、あの女医先生櫻井クンがやってくれるのだ。手術後の傷の点検も兼ねてね。

もうね、1週間過ぎたあたりからは、パンツを下ろして待ってたからな(笑)

 

ちと、ここまで書いて、読み返してみた。

これ、ちょっと危ない展開だな・・・。

まだまだ、エピソードあるんだけど、ちとヤバいな。

後日談とかも有るんだけど・・・・。

 

って事で、今回の話はここまで!

続きは、また何かの機会に書こうかな・・・。

 

バイト君に下書きを読んでもらった。

 

バイト君:・・・・・・

 

おい、何か感想を言えよ

 

バイト君:・・・・・・

 

感動したらしい (笑)

 

下ネタ系の記事はこちら・・・

akira-i.hateblo.jp

 

次回の予定~

犬のために頑張った話。

コンラート・ローレンツの言葉も。