読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

「人間交差点」が好き・・・。ドラマの無い人生なんて無いのだ。

日常 Books

あいかわらず同居人の風邪&喘息が良くならない。

おかげで今日もオレが晩飯を作るハメに・・・。これで一週間ぐらい連続だぞ。

このまま、オレがメシを作ることが既成事実化してしまうのが怖いな。

まぁ、そうは言っても、何か食わなきゃ腹は減るし・・・。

作ってみたぞ・・・

アキラ式「一口トンカツ」・・・。

f:id:dynamite05015555:20161208194725j:plain

衣はサクサク、

中はジューシーで、

旨~い!

一口サイズと言っても、侮っちゃいけないのだ。まとめて油の中に投入すると、油の温度が下がって綺麗に揚がらない。それと熱い油で揚げるよりも、150℃ぐらいの比較的低温でじっくりと揚げる方が、中がジューシー!

 

って、今回はトンカツの揚げ方の話じゃない。

昼間、コンビニに寄ってみたんだけど、懐かしいマンガを発見。

人間交差点だ。

人間交差点(1(ビッグコミックス) 人間交差点(1(ビッグコミックス) 

へ~、コンビニにも置かれてるのか・・・

このマンガ、全巻持ってるんだけど、まさかコンビニで売られてるとはね。最近じゃ、大きな本屋でも見かけないのにな。

原作・矢島正雄、作画・弘兼憲史による作品なんだけど、オレ、大好きなんだよなぁ。

弘兼憲史さんと言えば、ご存知、島 耕作なんだけど、それよりも前に書いてる作品だ。両方の作品がダブッてる時期が7年ぐらいあったかな。島 耕作も良いマンガだと思うし、最初は課長だったのが、部長、常務、専務ときて社長にまでなって、今じゃ、とうとう会長だもんな。1983年から連載してるマンガだし、今も続いてるとなると、それぐらいは出世してもおかしくないけど・・・。

f:id:dynamite05015555:20161208212706j:plain

 

本題から逸れそうなので、人間交差点の話に戻そうか。

 続き~

 

この人間交差点、1980年から1990年までビッグコミックオリジナルで連載されてたんだけど、まぁ、なんて言うか・・・話が・・・

暗い!

f:id:dynamite05015555:20161208214102j:plain

島 耕作シリーズと違って、基本的に一話完結短編集のスタイルで、それぞれ登場人物も異なってる。短編だから、どこから読んでも良いのだ。

wikiさんで調べてみたんだけど、単行本は全27巻、文庫は全19巻出てるそうだ。

1980年に連載開始なんだけど、この頃って・・・

バブル期!

世の中はイケイケドンドン未来はバラ色!って時代だったけど、このマンガ、大部分が暗い話が多いんだよなぁ。それに、よく人が死ぬ・・・。

主人公となる登場人物も、刑務所から出所した人だったり、普通の主婦やサラリーマンだったり、経済界の大物だったり、ありとあらゆる人を主人公にして描かれている。

人の死を描いてる作品も多く収録されているんだけど、殺人やら事故死、病死、自殺などなど、これでもか!ってぐらいの多さだ。

ほとんどの話が暗い話で、ハッピーエンドと言えないような結末も多いマンガだけど、何がオレを惹きつけるのか・・・

人間模様だ!

バブル時代に乗り遅れた人、落ちこぼれた人、バブルの波に乗ろうともがく人、愛欲に溺れる人、何かに打ち込む人、挫折する人、挫折から立ち直ろうとする人・・・

ありとあらゆる人間が描かれている。その人間をとり巻く「人間模様」、これは迫力ある。

10代、20代の頃って、まだまだ視野が狭いと思うけど、このマンガを見て、

人間って、いろいろ居るな!

って学習したような気がする。

そういうのは小説やら映画やら、いろんなモノから学習するんだろうけど、小説とか読まない人にも、このマンガはオススメ。

 

もちろん何度も映画化やテレビドラマ化されてるんだけど、錚々たる訳者も出演してる。唐沢 寿明柄本 明NHKのテレビ版では仲代 達矢まで出てるぞ。映画版の第三作では、子役で坂上 忍も出てる。

知らなかったけど、2003年にはアニメにもなってるそうだ・・・。

 

全232話中、半数以上の125話で何らかの死が取り上げられており、そのうちの50話という高頻度で自殺(未遂や推測含む)が描かれている。

う~ん、あの頃から自殺問題が騒がれてたからなぁ。最近でこそ、年間の自殺者が3万人を割ったとかでニュースになってたけど、それでも、一日に70人前後の人が自殺してるんだろ・・・。

70人だぞ!

一日に70人・・・。

これ、どうなんだ?

 

人にはそれぞれの人生がある、ってのを再確認させてくれるマンガ、それが人間交差点だ。

前に記事でも書いたけど、「小さな物語でも、自分の人生の中では、誰もがみな主人公」なのだ・・・。

 

この人間交差点Kindleでも出てるみたいだな。

今日は日曜日だ。

久々に押入れの奥から人間交差点を引っ張り出してきて、読んで見たくなった。

 

次回の予定~

手品の動画を公開!

禁断の超初心者の『カードマジック (笑)