読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

妹の話・・・自慢の妹

自分のこと 日常

今回は、昔の話だ。

ふと思い出した・・・妹のことでも書こうか。

f:id:dynamite05015555:20161006192038j:plain

オレには、妹が居た。

居る、じゃなくて、居た

過去形である。

オレが19歳の時に、13歳で病気で死んでしまったのだ。

 

どこに出しても恥ずかしくない、可愛い妹・・・。

少しヤンチャ、だけど、すっごく可愛いかった。

家に居る時は、いつも一緒に遊んでた。

どこに行くのも一緒だ。

友達も皆、言ってたな。

アキラの妹、すごい可愛いやん!

オレが受験勉強とかやってる時は、邪魔にならないように、オレの隣に座ってジッとおとなしくしてた。

寝る時だって、一緒に寝てたし・・・。

風呂だって、一緒に入ってたな・・・。

 

えっ?風呂も?

って声が出そうなんで、誤解される前に書いておこうかな・・・

 

 続き~

 

妹の名前は、マリ

ちょっとアレな感じな名前かもだけど、アキラ君ちのマリ、って言えば、ご近所では有名だった。

 

箱入り娘!

あの兄が付いてたら、オオカミも近づけない!

あの兄は異常・・・

等々、いろいろ言われてた。

 

良いんだよ!

オレの妹なんだから!

 

妹は、オレが守る!

 

本気で思ってたからね。

 

ここまで読んでくれたくれた人、

どんだけ妹が可愛いんだよ!?

って思うかもだけど。

 

 

 

写真、有ったから公開しよ・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

 

これが、オレの妹だ!

 

f:id:dynamite05015555:20161006193737j:plain

 

ヨークシャーテリアだ。

犬なのだ。

いや、騙すつもりとか全然、無かったからね。

ホントに、妹って言ってたし・・・。

 

こんな兄妹を想像されたかもしれないけど・・・

誤解させてたら、すいません!

f:id:dynamite05015555:20161006195251j:plain

 

いつごろからマリの事を妹って思うようになったのか、覚えてないけど、気が付いたら妹って感覚だったな。

母親なんかも言ってたし・・・

マリ~!「兄ちゃん」に散歩連れてってお願いして♪

 

自分は散歩に連れて行かないくせに、こういうのは上手い。

で、こう言われると、マリが走ってオレの足元に来るんだよなぁ。

雨の日も風の日も散歩に行ったな。

散歩は、父かオレの役目だ。

いつも、オレの部屋で、オレの膝の上に乗ってたマリだけど、エサの時間だけは、母親の方へ飛んでいくんだよな。

 

マリ~!ご飯よ~!

 

なんて声が聞こえると、オレが止めても、走って母親の方へ・・・。

必死で引き止めるオレを振り切って、母の持つエサ皿へ。

 

母の話だと、

犬はエサをくれる人が一番好きなんやから!

アンタがいくら可愛がっても、

最後は、私のとこに来るのよ♪

 

・・・・・・

 

まぁ、良いんだけどね。家族だから。

犬とか猫とか飼ってる人は、よく言うでしょ。

家族の一員!って。

ホントだよね。ホントに家族なんだよなぁ。

マリが病気になって病院に連れて行ったとき、母親、号泣だもんな。

オレもシクシク泣いたけど。

この時、父が母に言った言葉、思い出した・・・・。

 

俺が寝込んでも泣かないくせに・・・(笑)

 

ちょうど、大学の夏休みで帰省してる時に、マリは13年の生涯を閉じたんだけど、あれだな・・・オレ、この時、10kg痩せたからなぁ。夏休みの間に10kg・・・。

なんだか、ショックでメシが喉を通らなかった。当時57kgぐらいだったけど、48kgまで落ちたしなぁ。今は70kg近いけどな!

母親も父親もゲッソリと痩せてしまった。父親なんか、元々が細いのに、ますます細くなっちゃうし。

 

また犬か猫を飼いたいって気持ちはあるんだけど、やっぱり、死んじゃった時の事を思うと、飼えないんだよな。

あの時のショックというか、悲しい気持ちは、もう味わいたくないし。

でも、ペットは可愛いし・・・。

 

前にも何かで書いたと思うけど、オレ、一人っ子ですから。

akira-i.hateblo.jp

 

オススメのワンちゃん動画~


ヨークシャーテリア クルちゃん 第53弾~ボーロ大好き~

 

次回の予定~

自分のことを何て呼ぶか・・・

新聞のコラムから考えてみた。