読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝のあいだ

東海地方に住む独身男のノート

アキラです。バツ無し独身男のノート。

新人サラリーマンの時の合宿・・・超絶ハードだった話(序章)

日常 自分のこと

久々にベイクドポテトを食べたくなったので作ってみた。

これは、ジャガイモがあれば簡単に出来る、お手軽料理だけど、小腹が空いた時なんかはオススメなのだ。

いちおうアキラ式ベイクドポテトのレシピでも書こうか。

  1. ジャガイモを洗ってから、皮ごとくし型に切る
  2. ラップをかけてレンジで加熱(爪楊枝が刺さるぐらいまで)
  3. 粗熱を取った後、小麦粉を適量、ジャガイモに振り掛ける
  4. フライパンにバターを入れ、表面をまんべんなく焼く
  5. お好みで塩胡椒を振りかける
  6. 全面に綺麗な焼き色が付いたら出来上がり

ケチャップとかマヨネーズとか付けて食べると激ウマなのだ。

完成したのが、これ・・・。

f:id:dynamite05015555:20161122174541j:plain

この写真を見て思ったんだけど、

これ・・・

以前に作った大学芋と同じに見える!

 

同じに見えても、全然、違うからね!

あっちはサツマイモ、今回はジャガイモだ。

 

で、フライパンでジャガイモを焼いてる時に思い出したことがある。

今回は、そのお話でも書いてみようか。

 

オレがサラリーマンになった頃は、まだまだバブルの時代。

世の中は、イケイケドンドン!って時代だ。

そういう時に流行ってたのが・・・

社員研修!

ってのに名を借りた合宿だ。

社内での研修は当然のことだけど、外部に委託して会社に忠実な社員を育てる!みたいな研修もあった。

オレが受けたのは(受けさせられた)のは、いろんな会社から集められた新人社員が、山奥の合宿所で14日間の訓練を受けるってものだったな。

今でも有るみたいだけど、そういう研修を専門に扱ってる会社の合宿だ。

たとえば、こんなところ・・・。


こういう所の研修、むちゃくちゃ厳しい。

思い出すままに書いてみよう・・・。

 続き~

 

その存在は聞いてたんだよね。

毎月4~6名ぐらいが、「合同新人社員研修」に行かされる、って・・・。

14日間の合宿で、むちゃくちゃ厳しいってのも噂で聞いてたし、先輩社員の話を聞いてもいたし・・・

絶対に行きたくない!

って思ってた。

これ、新人社員の中からランダムに選んでるって話だけど、実際のところどうなのかは謎だ。

4月の社内研修も終わって、それぞれが各地に赴任して行ったんだけど、5月が過ぎ6月が過ぎ・・・仕事に追われて恐怖の合宿のことなんて忘れてた。

7月の始めだったな・・・。昼頃、支社長に呼ばれた。

支社長室だ・・・。

市川く~ん、昼飯でも一緒にどう?^^

えええ!

って感じだぞ。こっちはヒラの新入社員、相手は支社長だ。

そんなもん、新入社員から見れば、支社長なんて雲の上の存在だ・・・。

ヤベ~。

オレ、何かヘマやらかしたかな?

なんて動揺したんだけど、ここは、アレだ・・・元気な若手社員を必死に装って支社長御用達のウナギ屋さんに行った。

ウナギを食べ終わった後、支社長・・・

おめでとう!

8月の1日からの合宿、選抜されたから^^

 

え?合宿?

 

やだなぁ・・・知ってるだろ?^^

例の合宿だよ。

 

あ、いや、その・・・

 

うんうん、良かった良かった^^

推薦した甲斐があった

 

はぁ、ありがとうございます・・・

(お前、推薦したんか!)

 

この研修を受けてるのと受けてないのでは、将来も変わってくるからね^^

 

は、はい・・・

うちの社からは、何名が参加でしょうか?

 

あ~、今回は、お盆にかかる日程だし、市川君だけみたいだ^^

 

・・・・・・

 

f:id:dynamite05015555:20161122195559j:plain

 

8月1日、午後12時。JR線の某各駅停車しか止まらない駅

その駅の出口には、スーツ姿の男性が20人・・・。

明らかに合宿に来てる連中だけど、会社も違うし、もちろん顔見知りでもないしで、誰も何も話してない、

12時半、一台のマイクロバスが我々の前に止まった。

出席を取られて全員、バスに乗せられた・・・。走ること30分。

山の中に建つ3階建ての建物・・・。

バスを降りてゾロゾロと建物に入っていくと、

ゴリラみたいな顔をした男性が仁王立ちしてた。

お前らの歩き方はなんだ!

駆け足!(怒鳴り声)

 

慌てて駆け足になってロビーに行くと・・・

 

さっさと整列!(怒鳴り声)

 

整列もなにも、さっき集まったばかりの連中だ。

誰を基準にして並ぶのかもわからない・・・。

みんなキョロキョロしてると、前の方にいた人が竹刀で頭を叩かれたぞ。

ボサッとするな!

お前が基準で、整列!(怒鳴り声)

 

どうにか整列すると、その男性・・・

私は教官の〇〇だ!

14日間、よろしく!

 

(よろしくじゃね~よ・・・)

(なんか、とんでもない所に来ちゃった)

 

なんて考えてたんだけど、宿舎での過ごし方・スケジュールなんかが説明された。

その間、オレらはロビーに立ったまま・・・。

14日間を過ごすためのユニフォームが、それぞれに配られた。

なんの事はない、ジャージだ・・・。胸のところに所属会社名前が書かれてる。

 

部屋は2階にあるから、各部屋の入り口に名前を張り出してるので、その部屋に入ること!

わかったか!(怒鳴り声)

 

はい・・・

 

声が小さい!

わかったか!(超怒鳴り声)

 

はいっ!

 

まだ小さい!(激的怒鳴り声)

 

はいぃぃぃぃっ!

 

オレらの声で窓ガラスが割れるんじゃないかってぐらいの大声だ。

 

では、各自、部屋に行って荷物を置いたら、ジャージに着替えてロビーに集合!

時間は10分後!

返事が無い!

(もう、声がかすれてる・・・)

 

はぃぃぃぃっ!

 

急いで2階へ上がって部屋を見たとき、これまたショック・・・。

2段ベッドが二つ置かれただけの四人部屋・・・。

それぞれの荷物を置いたら、もう何も置けない。

というか、ベッド以外、何もない部屋だ。机さえも無い。

ショックだけど、あれこれ考えてる暇もない。

なにしろ10分の間にジャージに着替えてロビーに行かなきゃ・・・。

オレと同じ部屋になった他3人も、何も話さない。

話してる余裕なんかないのだ。

あのゴリラ教官の迫力に圧倒されて、一刻も早くロビーに行かなきゃ!、って思ってるのだ。

それぞれ着替えてロビーに集合。

何とか間に合ったぞ。

 

と、そこには、これまたムキムキ体型で体育会系丸出しの別な教官が・・・。

先ほどと同じように整列した。

そこへ最初のゴリラ教官が戻ってきた・・・。

 

バカタレッ!

お前ら、全員、失格!

(また怒鳴り声)

 

(へ?時間には間に合ったはずやろ)

 

脱いだスーツやシャツ、誰もハンガーに掛けてない!

ベッドに脱ぎ散らかしたままだ!

全員、やり直しっ!

 

キョロキョロとお互いを見る我々・・・。

 

さっさと行かんか!

集合時間は5分後!

竹刀を振り回してる)

 

はいぃぃぃぃっ!

 

話には聞いてたけど、なんか、とんでもない所に来てしまった。

これから8月14日まで無事に生き残れるんだろうか・・・。

なんて事を考える余裕もなく、スーツをハンガーに掛けて、再度、ロビーに集合した。

 

 

う~ん、この14日間は、濃密過ぎるんだよなぁ。

とても1回の記事に書ききれない。

って事で、シリーズ化しよう。

今回は第1回目だけど、こんなもん序章でしかないな・・・。

次回からは、この合宿の内容なんかを、もうチョット踏み込んで書こうか。いつになるか未定だけどね。

 

考えてみると、今時、こういう合宿というか研修やってる会社はごく少数だろうなぁ。それこそ、苦情とか来るかもだし、問題も起きるかもしれないし・・・。

ブラック企業なんて騒がれるだろうし・・・。

オレは、少々ブラックでも、そこに「やりがい」を見つければ、それで良いと思ってるからな。自分が、そこに「やりがい」を見出してれば、少々のブラックなんて耐えられるけどなぁ。要は「やりがい」の問題。

オレ的には、こんな合宿・研修、今でも有って良いんじゃない?ってスタンスだ。

この研修、今のオレに、少しは影響してるところも有るからね。

 

ここまで読んでくれた方、どんな研修なんだよ?って思うかもだけど、似たような研修の動画があったので、興味のある方は、こちら・・・。

ここに写ってるようなノリで14日間を過ごします。


地獄の訓練(TV番組)

 

次回の予定~

自分の親は施設には入れない。

ちょっと真面目に書いてみたぞ。